« ぐったり。 | トップページ | 仕事的本と現実逃避する為の本。 »

昨晩の「2001年宇宙の旅」

何だろうこれ?映画?海外ドラマ?

私が最初に見た場面は人工知能コンピュータのHAL9000型に宇宙船乗組員二人が不信感を抱いて、回路の切断を計画している所でした。

HALの存在が最初よく分からなかったので気になり、用事をしながら結構一生懸命観てました。でもナレーションがなくて、数分よそ見してたりすると全然分からなくなり、勝手に「こうかな??」と解釈しながら終わってしまいました。

朝、気になったんで「どんな映画だったんだろう?」と、ネットを徘徊してたら40年ほど前の映画だと知って驚きました。BSですごい映像がきれいだったんだけど。ハイビジョン用に作り直されてたのかな?

内容も前半は全く違った状況だったようで意外。そして、極端にセリフが少なくナレーションの無い難解な映画だと知り、ますます不思議に思いました。

小説だとそのナゾも解明される・・・というか、先に小説を読む方が良さそうです。とにかく不思議感いっぱいでとても気になる存在の映画でした。最初からちゃんと観てみたいし小説もいつか読んでみたいと思ってます。

|

« ぐったり。 | トップページ | 仕事的本と現実逃避する為の本。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぐったり。 | トップページ | 仕事的本と現実逃避する為の本。 »