« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

かなり困ってるんだから。

昨日は結局意見を言うチャンスがなく、かなり凹んで帰った。今日は休みだけど明日の準備をきっとまたしてくれていないだろうと思い3時間程仕事をしに行ってきた。案の定準備はあまりされてなくて、危うく明日また自分に降りかかる所だった。


もう頭が痛い。でも今日は行って良かったよ。どれだけ売り場がヤバイ状態か遠い上の方の上司にも伝わったみたいだから。それでちょっと自信を立て直した私は直属の上司に向かって


「何で何もしてくれないんですか!引き継ぎもやってくれないし、片付けもしてくれない、伝票は見ない!本部の指示もやってない!チラシの準備もしない!明日から来ませんからーーーっ!!!」・・・って行くけどね。


状況がつかめない人に言ってもきっと言いたい事は伝わらない。でも、怒ってる事を伝えとかないと私がかなーり困っている事すら気付かない。


困ってるの、わたし。だからヨロシク。


そうそう仕事したついでにDVD「2012」を買ってきた♪本当はすっごい見に行きたかったけど行けなかった。GW中に見よう~。

| | コメント (0)

決行。

エコポイント申請には基本的に「メーカー保証書のコピー」「リサイクル券のコピー」「領収書」が必要。この内「領収書」については、特別な場合に限り別書類になるケースがある。そしてその書類は我が店では売り場で発行することになっている。


今回店側の事情で、その「別書類」を何件か発行しお客さんの手元にある「領収書」と差し替えをしてもらわなくてはならない事になった。と、先ずはその事をお客さんに伝えなくてはならない。お客さんが知らずに「領収書」で申請してしまう前に。

だからそれは大至急の仕事のはず。
でも、そう思っている人間がごく一部の人間だけだった場合どうなるか―


どうなったか教えてあげましょう。一週間たった今もその仕事は完了出来ていません。連絡すら終わっていない。


最初の段階では用紙がなくて私も発行出来なかったので、上司に発行をお願いして帰った。次の出勤時、引き継ぎがなかったのでその仕事は終わったのだと思っていた。でも帰りに来た仲間に「まだ何もしていない」と聞いて驚いた。再度お願いをして帰る。


次の出勤日、まだ一部しか終わっていないとの引き継ぎがある。こんなやり方では細かい作業を網羅出来ていないと判断してリストから作り直し、一人チェックを始めた。帰りに「どこまでやったかチェックして、残りをお願いします。」と言って帰ろうと思ったら、今まで出来なかった言い訳のオンパレード。めんどくせえ奴らだ。


緊急性や重要度が分らないのは例え被害が小さくとも大問題だ。流石に今回はスルーせずに物申す事にした。

| | コメント (0)

「楽園」のいちゆう的読書感想文。

あれからすぐに下巻を読み始めたが、話がくすぶった感じで大きな動きがなくて読むのが捗らず2~3日掛った。

上巻では交わらなかった二つのシーンはきれいに一つになり見事にまとまって終わった。最後まで事の動きよりも感情の動きがリアルでとても丁寧で納得させられる作品。今回もしっかり心の底までかっさらわれた。気持ちがいい。

人は自分でも気付かぬ内にプライドなどの色々なバリアを張り、それが本心を隠してしまい行動している。傷つくからなるべく素の自分には向き合いたくない。でも向き合わなければいけなくなった時、強くなければ耐えられなくて荒れてしまう。人のせいにしてしまうこともある。

事実をありのまま受け入れられるほど勇気のある人間ってそうは居ない。でも、現実にそういう人に会う事がある。すごく強くてうらやましいと思う。自分は死ぬまでにそうなれるか・・・全然自信がない(笑)

| | コメント (0)

続きはどうなるのぉぉぉーーーっ!◆楽園(上)

帯の、
「模倣犯」あれから9年 前畑滋子再び事件の渦中に。
というコメントに惹かれて買った本。


あれは「私にとっても色濃く残る事件だった」と、リアルに思ってしまう作品でした。今回再び驚かされたのはシーンがガラリと変わってしまうこと。場面場面で視点が、主人公が違ってくるのだけど、その内容が滋子の場面と全然つながらない。だから同じ本を読んでいるとは思えない。


上巻を読み終えてもそれらは交わることはありませんでした。気になる気になる・・・。


で、いつものごとくすごいのが、描写や細かい感情表現。一つの動作、発言でも人間は自分でも知らない内に色々な物を含んで発しているだなと思わせられる。でもそれは普通はほとんど自覚すらなく気付きにくい部分であるのに、とても深く正確に表現されている。だから心の底をつつかれてしまう。


見えない感情を手に取るように読んでしまう―


宮部センセが普段からこういうセンスの持ち主であるからこそ出来る作品なんだろう。「空気読めない」の逆ですよね、‘読みすぎ’みたいな。

| | コメント (0)

まずは自分から!の実験。

残業しちゃいけないのに、翌日自分が困るから残ってやっつけてしまう悪いクセがある。
最近大掛かりなボケを連発している私はみんなに相当疲れてると言われている。


そうだよ、疲れている―


だから帰ろうと思って引き継ぎを試みる。が、いつもうまくいかない。人によっては頼んでもなかなかし始めてくれなくて、5分ほど片付けながら様子を見ていると、その人はお客さんに呼ばれて接客を始め引き継いだ事を忘れている様子。こんな感じで忘れたり放置されたりすることがすごく多くて、上司だろうが誰だろうが注意するのだけど・・・どうしてもしてもらえないことが多い。多すぎる。
つーっか引き継ぎ相手が居ないことも少なくない・・・来るまで仕事しながら待ってるとか。


しかも、引き継ぎが出来なかったのならそれを伝えてくれたらいいのに、それすらしない。信用しなくなった私は、毎朝進捗状況を調べる所から始めなくてはならない。私には誰も聞く人が居ないので、自分で調べて判断しなければいけない。


なーんでいっつもしてくないのか。私の困り度を知らないからだ。定時に終わるってことは翌日自分が大変なことになるという事につながる。大変なことになっても乗り越えられるスキルがあればいいのに、と思う。


ぐちゃぐちゃ言ってても仕方ないので、強引に帰ってみようか。大変なことになって自分がアタフタしても、それをちゃんと準備してくれなかった前日の人に文句言えばいい。これならスキルがなくても度胸さえあればできる。度胸も足んないから勇気が要るってことになるかな。


私がダラダラするからみんなが知らぬ間に甘えるんだ。体制を変えたければ自分が動かなくては。


先日、めったに来ない本部のバイヤーさんから信頼を得た感触があった。質問や要望に対しある程度対応できるようになったからだ。名前も覚えてもらえた。まあこれらについては私しか売り場に居ないということもあるけど(笑)結構私は忠実に動きますから。


残業にはなっていたけど、毎日重荷を背負って色々やってきた甲斐があったなと少し報われた気がした。課題は勤務時間内でこれからどうやってやっていくか・・・だ。


| | コメント (0)

キャス・キッドソンのムック。

何回も本屋の前でうなって、それでも欲しかった付録―


051
マルチバッグ+ミラー+ティッシュケースです。

何とも春らしい柄です。私はバッグインバッグとして使うつもりですが、その名の通りマルチバッグなので説明によると幅広く使えます。


058
内側も水色のドットで恐ろしくかわいい~。そして迷子になりそうな程のポケット数。12個もあります。マチも5センチと機能性では「かわいさ」を超えます。多機能大好きな私には文句なしのバッグです。

そしてこれにオマケのように付いているキャスのカタログ(笑)全部で価格は1500円也。

| | コメント (0)

SEAMOライブ。

3時間、とても充実した時間だった―

トレードマークの帽子を少し斜めにかぶって手でリズムを取る姿はまさにテレビで見るその人。はぁ~カッコイイ・・・とため息が出る(笑)


最初に自分で言ってたけど、ライブ数時間前に会場前でパフォーマンスをしていたらしい。内容は今回のツアー「総理」にちなんで選挙活動。背広にメガネにヅラ・・・完成度の高いネタだったようだ。あー見たかった。


歌ももちろん好きなので嬉しかったけど、トークやそれ以外も盛りだくさんで面白くてたくさん笑った。SEAMOのリードがまたカッコ良かった。

時々思ったけど、完璧な段取りの中でやっている。すごいチームワーク。だから余計に主役が引き立つ。


最後に言ってた。「もう一度トップになりたいから見ててほしい」と。トップって日本のトップだよ、流石だね。頑張れ、応援するから~。

| | コメント (0)

あ”~朝から

エコポイントなんか調べてます(‐‐;
4月から新制度になって、でも1~2日と連休だった私には変更点の詳細が分かりません。3日に他の人に聞いてみるとよく分らないとの返事。

いいよなぁ~、分らないで済む人は。しょうがないから自習です。でも一番調べたいページは困ったことにメンテナンス中。

なんでやねーん!!


◆◇◆◇◆◇◆◇

そうそう、これでも一応札幌(失敗 笑)旅行記は書いてます。今週中を目処に頑張ります。(←誰も見ないかもしれんけど 笑)

でも札幌から帰ってきた翌日から、今までにないほど仕事が忙しく複雑で休日の度に寝込んだりしてたので進んでないのです。まだまだコタツが片付けられません~。


それから今日はライブ行くんだーっ。で、明日は入学式♪

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »