« 2017年2月 | トップページ

2017年3月

平成29年 4横綱時代の大相撲春場所を観戦!③

つづきー


今、土俵入りをカメラで撮ってて、何だかブレブレで変だな思ったら・・・めっちゃシャッタースピードを遅くしてました。ちょっとでも被写体に動かれるとブレてしまいます。でも土俵入りだからグルグルとみんな回るのでヒドイことに。慌てて設定を直したいけど、どれを触ったらいいのか久々で忘れてしまい思いだすのにひと苦労(汗)


Cocoimg_0110

錣山親方(元寺尾)だー。カッコよかったよねー。


Cocoimg_0112_2

振分親方(元高見盛)だー。ロボコップで人気でしたね。何だか代理での審判らしくそわそわしてたそうな。今でもどこか可愛らしいです。


さてさて取組みです。応援してる力士のひとり照強(写真は載せてませんが)。阪神淡路大震災の日に淡路島で生まれた関取。小兵だけど強靭な筋力で投げ飛ばして会場をわかせました。


Cocoimg_0130_2
そして見たかった旭日松の塩まき。まき過ぎで滑ったこともあるそうな。相手は朝乃山で飛び級の三段目付け出しデビューだったエリートの関取でまだまげがゆえません。初場所ではまだ名前が石橋でした。


Cocoimg_0179
アイドル千代丸たんです。何だか終始マイペースな感じですが勝ちました。


Cocoimg_0228
幕下土俵入りです。これは大スターの集団です。来た来た千代の国!カッケーっ!こっち向いててくれて嬉しい。私は遠藤より千代の国です。あ、白の化粧まわしの関取ね。


Cocoimg_0436
本日も、もちろん「満員御礼」です。気付けば人が段々と多くなっていて身動きが取れない感じになってきました。トイレ休憩はさっきの土俵入り前がラストチャンスでした。済ませておいて良かった~。もうここからは水分補給も控えめに。


Cocoimg_0285
日馬富士に続いて、新横綱稀勢の里の土俵入りです。思っていたよりかなり大きくて伸ばした手がすごく長いです。風格もあって、立派です。気が弱いみたいに色々と言われていた様ですが、「一体に誰に向かって言ってるんだ!」と文句言ってしまいたくなるほど本当に立派です。露払い松鳳山と太刀持ち高安と三人で上がっていく姿、カッコよかった。

元々好きな鶴竜に、見たかった白鵬!白鵬・・・本物だ~って感激します。それにしても4回も横綱土俵入りを見られるなんて、超贅沢です。しかし熱気がすごくて暑くて、会場内で買ったポカリをちょびちょび飲むまないとつらいです。息子はちょっと気分まで悪くなっているし。


幕内に入ると懸賞金が出てきて、これまた賑やかで面白いです。私は大スターたちの取り組みを全部写真撮ってたら主人に「ちゃんと見た方がエエで。」と注意されてました。う~ん、一瞬考えたけどこれが私の見方なので、撮るウエイトを少し減らす程度に留めました。

私は元々和服がとても好きなので(そういえばこのブログを始めた初期の頃に着物ネタを書いてたような・・・)、行司さんの衣装にも目が行きます。やっぱり和装はいいな。でも今日着物で来てたら死んでるな。もうこう満員の光景を気にしたら酸欠になりそう。なるべく取組みだけど見るようにしました。

どんどん関取が出てきます(←当たり前)。
兵庫でご当地応援シート(その関取のグッズ付きの席)のある妙義龍、逸ノ城、応援してる内のひとり北勝富士・・・人気の宇良や遠藤、玉鷲に御嶽海、琴奨菊に照ノ富士・・・スターが多すぎて興奮がとまらない。


Cocoimg_0525
終盤に入りついに大阪の星、豪栄道!もちろんご当地応援シートあります。出ました「豪栄道コール」。なんと言っても春場所ポスターの表紙です。でもみんな思いのままコールするので、最後まで揃わずバラバラ(笑)残念ながらすくい投げで正代に負けてしまいました。大きな正代が壁の様でなかなかつっぱりも効かない様でした。お客さんの大きな落胆の声。う~ん、やっぱり本人がとても悔しそうです。

続いてもご当地応援シートを持つ地元大阪の勢の登場です。相手は横綱鶴竜。大阪代表として次は勝ってほしい空気が充満してたけど、土俵際でめっちゃ粘ったのもむなしく負けてしまいました。でも、頑張りは見えたよ~そして誰よりも残念そうにしていたことも。つづく横綱白鵬は難なく勝利です。


Cocoimg_0578


Cocoimg_0589_2
大注目の稀勢の里です。めっちゃ手が長いです。三連勝です。みんな喜ぶ喜ぶ!

でも面白かったのが次の結びの一番、日馬富士と蒼国来。日馬富士の体が地面と平行に跳んで、負けました。なかなかきれいに跳んでてビックリです。金星なので、場内アナウンスでダメだといわれてるのに座布団が飛びます。すっごい悔しそうな日馬富士。

そして弓取り式がすぐに始まります。これを見てみたかった。終わるのを待たず、大勢の人が出口に流れ出てます。弓取り式を見届けて我が家も出口に向かいます。

Cocoimg_0626

横綱稀勢の里の名前を門の内側から確認して退場します。太鼓の見送りの音が夕暮れのなんばの街に響きます。何このドラマチックな感じ。今日の私の興奮をしずめてくれてます。これで帰って落ち着いて眠れそうです。神聖な猛者の戦いを見せてもらえて有り難かったです。しっかしめっちゃ疲れました~思いのほか見入ってしまってたんですね。


あとがきというか反省などー
・解説を聞くためにAMラジオを持っていったけど生の音を聞きたくて使わなかった。解説は録画したテレビ放送で確認。
・ちゃんこがあると思っていたけどなかったみたい・・・あれは両国だけだったのかな?
・場内は暑く裏は寒いので温度調節の出来る服装で行こう!
・水分補給できるように飲み物があった方がいい!空腹時に備えて飴持って行ってよかった~

| | コメント (0)

平成29年 4横綱時代の大相撲春場所を観戦!②

つづきー


席を確認して私は会場の散策に向かいます。主人と息子は三段目の取り組みに既に見入っています。


Cocoimg_0041


確かにみんなまだ細いけど鍛えられてきれいで力強くて見応えがあります。
低身長でつま先立ちで頑張って入団した爆羅騎(バラキ)くんもいて、大きな声援を受けていました。写真の最重量の大露羅(おおろら)くんはもう相手に被さってます。帰ってから知ったけど、彼はもう33才なんですね。ベテランだなー。
私はこの後の幕下のツインズの兄の貴公俊を応援したいので、それまでには戻ります。


売店に行ってさっき欲しかった巾着を買い、1階に降りてLINE登録でもらえるプレゼントのクリアファイルを受け取りに行きます。あれー列、長いっ!先着だけど、これに並ぶんだったら散策しようとウロウロ開始。反対側の東に行ってみたくて階段を昇ったら力士が体をならしながら控えてる。ちょっとテンション上がって覗いてたら、線が引かれててそこは入ったらあかん所だった・・・すみません(汗)でも階段上がってすぐで規制線が分かりにくいわ。


いそいそと逃げて、さっきより短くなったクリアファイルの列に並びなおしです。すぐにもらえました。これも私は分からないけど親方が受付してくれてます。お疲れ様です。


入口の入り待ちの様子を見るとまだ1時では人は少なめです。今日はせっかく中に居るので入り待ちより取組みです。席に戻ろう。

Cocoimg_0056


場内に入ると三段目、そして幕下と若々しい元気な取組みが続いています。動きも早く、厳しい稽古をうかがわせる集中力にも感心します。みんなを応援したくなります。あれーツインズ弟の貴源治の名前が無い!っとずっと探してたら息子に幕下は毎日はないと言われました。そうなのか・・・。


Cocoimg_0068


さてさてツインズ兄の出番です。魁にかなり粘ったものの負けてしまいましたが、ガッツ溢れる取り組みに大歓声でした。このツインズはサポーターをしていません。先日テレビで解説されてたけど、「絶対どこか痛いはずなのに何も付けていないのは驚きだ」と。この根性も応援している要因の一つです。


Cocoimg_0097


そして十両土俵入りです。十両はもうスターの集まりです。化粧まわしがとっても華やかできれいです。


・・・平成29年 4横綱時代の大相撲春場所を観戦!③へつづく・・・

| | コメント (0)

平成29年 4横綱時代の大相撲春場所を観戦!①

相撲ファンになってわずかだけど、1月から勉強して関取の顔や四股名を覚え、技を知りー


ついに私は初めて場所入りしましたsmile


2月5日にぴあでチケットを取り、ブルーレイに「相撲」キーワードでいろんな番組を自動録画してもらい、楽しい毎日を過ごしてきました。


知れば知るほど「さすが神事に携わる人たちで若いのに立派」です。そして立派なのにやっぱり若者で、マンガ読んでたり、じゃれあってたり、ツイッターしてたり。このギャップを不思議に感じることが多々ありました。いまやアイドルというポジションの千代丸たんの存在もあり相撲会も現代風です。


そんな中でも横綱は品格がすごいなと思いました。恐らく今の稀勢の里フィーバーに本人も他の3人も左右されていないんじゃないかと思います。むしろ集中力を高めているでしょう。


私の思いはこれ位にして―(っつーか日記だから書かせて~)


我が家が行くのは3日目。この日は和装dayという着物で行くと先着でグッズがもらえるという企画をやってます。ちょっと興味があって着物を着る練習もしてみたけど、自信なくて諦めました。それに朝から行きたいし、大きなカメラ持って行くし、そもそもイス席だし・・・やめたやめた!

Cocoimg_0004


当日朝はゆっくり目に出て、なんばで軽くたこ焼きを食べさせられ(本当は会場内で何か食べたかった・・・)、昼前に到着しました。途中、駅界隈で力士を何人か見かけ、ビン付け油のとてもいい香りにやられました。歩いて数分でのぼりが見えてきます。実は私は初日に少し入り待ちをしました。今日はついに中へ入ることができます。もう私の頭はお祭りですhappy02

Cocoimg_0010


Cocoimg_0009


左右にあるお茶やさんを通り、入口手前まできました。ここではチケットのもぎりを親方がされてます。これも嬉しいですよね。会場内では他にも親方衆がスタッフとして動いておられます。これは用心棒にもなりますよね・・・っていうか用心棒なんて必要ないか(^^;とにかく色々と細かく動いておられる感じでこれには感心しました。


Cocoimg_0021


中に入ると正面には賜杯などが展示されています。地方場所ではこうしてケースごと移動させるんですね。テレビで見ても大きいけどやっぱり大きくて重そうな物ばかり。凡人に扱えないような仕様にしてあるのかと思ってしまうほど(^^)関取の等身大(?)パネルも左右でお出迎えしてくれています。今の時間はまだガラガラで見放題です。
並んで写真でも撮ればいい感じになるのかな。

Cocoimg_0026
もう少し中に進むとWELCOMEパネルがあります。ポスターでは大きな背中を見せつけている大関の豪栄道がここでは正面からお出迎えです。サインも書いてあります。もちろん豪栄道にはめっちゃ頑張ってほしいです。


席を確認しに3階まで上がります。途中に売店があり、ついでにちょっとお買い物。この辺に来ると中の音が聞こえてきて、実感できます。
ややこしい階段を上り西のイス席へ。私たちの席はほとんど上の方なのですが、東西席はうわさ通りよく見えます。臨場感としてはいい感じです。座布団も備え付けられていて有り難い。いきなり増えてしまった荷物を座席下に突っ込みます。


・・・平成29年 4横綱時代の大相撲春場所を観戦!②へつづく・・・

| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ