映画 『GODZILLA』

単純な怪獣映画だと思ってたのに―

宣伝やレビューを見るとなんかそうじゃ無い様な・・・

突然興味を持ったので観てみました。

いやぁ~裏切られました、いい意味で。すっごい迫力で、時々気付いたらのめり込んでいましたcoldsweats01ド迫力ですが怖くはないです。

原子力がキーになっているのが、これまた現代版だなあと感じました。人間ドラマのストーリーもしっかりしてますhappy02


ゴジラが人類の敵じゃないところも新鮮でしたね。数日前までずっと悪者だと思ってたので。敵怪獣はムートーって言いますが、シャープで結構気に入ってます。

私の敵は・・・いっつもラスト30分のトイレ我慢ですわ。最後観たいし、集中できんし!最近は冷やさない様に毛布借りてるので勝利してますけど。


もう一度観たい・・・って思う映画っていいですよね(^^)

| | コメント (1)

体感映画「ゼロ・グラビティ」

宇宙空間に女性宙飛行士が放り出されてしまい、数々のトラブルに巻き込まれるも、絶望を乗り越えて生還するストーリーです。
ゼロ・グラビティ

私は2Dで観たのですが、かなり3Dを想定して作られてるなと思いました。最初の地球の画が美しいです。が、途中からそれどころじゃなくなる・・・(笑)目線が時々主人公になるので、かなり体感型です。


諦めてはいけないということを教えてくれた映画でした。ポジティブになれば視界も変わる。

今日は久々のお気に入りカフェにてランチで読書。楽しい一日でした。あ、もちろん今日も一人です♪
Img_20140114_003433


| | コメント (0)

相棒 X DAY 舞台挨拶観てきました。

昨晩、舞台挨拶付きの席に残りがまだある事を知って行きたくなりました。今朝になっても残っていたので、午後の分を予約しに行きました。券があったのでネットでの予約が出来ず、行ってなくなってたら嫌だなと思っていたのですが、無事に残っていてとりあえず2席確保出来ました。


一度帰って寝てる息子を起こして「伊丹に会いに行こう~!!」と誘い昼過ぎに出掛けました。伊丹にも会いたかったけど、田中 圭も見たいですよね~。TVであれだけカッコイイんだから実物はどれだけのものか。


んーーーっ!やっぱり二人ともそれぞれ良い。
オペラグラス持っていったけど、田中 圭はとても美形だったし、伊丹はコワモテだった(^^;
伊丹はトークが上手だね~。あのままな感じも良かった。
あ、伊丹って役柄名で芸名知らないや(^^;


映画も今までの劇場版の中では一番好きですね。キャストも好みばっかりだったし。なんかもう1回観たいなと思った。

| | コメント (0)

ミュージカルなレ・ミゼラブル。

いや~知らなかった!ミュージカル調だったなんて(^-^;最初のセリフで「??」でした。

私はすっごく嬉しかった。「あ~この歌を生で聴きたい!」と思う場面が多々有りました。歌だと表現がさらに豊かになります。

かわいそうばっかりで暗くなりそうだけど、その中で見せる強さが際立ちます。「普通それはねーだろ」的な場面も歌唱力と演技力で「有り」にしちゃうスゴさ(^-^;

それから学生の革命運動のシーンに出てきた子役の男の子はスゴかった~!子役をカッコいいと思ったのは初めてかも。

大絶賛してる訳じゃないけど、意外に良かったので感想文を書いてみました~。

| | コメント (2)

映画◆スノーホワイト

を、観てきました。「鏡よ鏡・・・」の白雪姫の洋画バージョンです。

刺激の強い映画が苦手なので、戦闘シーンがあっても全体的にほどよく楽しめました♪お姫様の美しさより強さが際立つ作品です。強い女性ってきれいでいいですね。

しかし今日の大阪は大雨だったので、シアター内のお客さんは5人程でした。平日とはいえ少なーい。

20120703_14_52_26
帰りに大好きなカフェでランチしてきました。陶芸教室のやってるお店です。そらまめ(?)のホットサンドで豆の風味の美味しいランチでした。デザートは豆乳プリン。豆腐味に近かったです~。


20120703_14_25_32
コーヒーカップはここの教室で焼かれたものから選ばせてもらえます。いつもこのクマちゃんみたいなのにしてます。店内の落ち着いた雰囲気や音楽で贅沢な気持ちになります♪


映画を観て、ランチしてたら雨は上がっていました。今日は私のご褒美の日です・・・。

| | コメント (0)

刑事もの多くない?◆ドラマ

主に再放送をダビングして観てます。相棒、科捜研、昨日から絶対零度。リアルタイムでは、もう終わりですがハンチョウ、遺留捜査。以前好きだったのは失踪人捜査課。はぐれ刑事も以前はムシ出来ませんでした。

自分が見やすいから好んで観てるのもありますが、ドラマの中で刑事ものを放送してる比率が高すぎやしませんか。刑事もの以外を探すととても少ない。なんかそーゆー傾向にあるんでしょうかね。

私はやっぱり相棒が好きだけど。本は宮部みゆきが好き。こんな生活してるから夢で殺人事件を起こしてしまうんでしょうね。設定はよく分からないけど、自分が犯人・・・でした。

BDのハードディスクがなくなっていく毎日です。

| | コメント (0)

「相棒 劇場版Ⅱ」舞台挨拶へ。

今日は、先日偶然手に入れた舞台挨拶付きチケットを利用する日です。仕事はしっかり時間で終わって、さっさと劇場へ向かいました~!

建物入口からすごい人で、フロアなどは女性で埋め尽くされていました。そーなんです、今日はレディースデイでもあるので女性ばっかりなんです。私は人をかき分けパンフレットを買いました。

前置きはこれくらいにしてー
相棒は脚本がいつもすごいんですが、映画もやはり予想外の展開になります。ぶっちゃけストーリーが複雑なため頭が追いつけない事も何度か。それでも話はつかめるので十分分かります。笑える所もあるし感動する所もあるけど、小西真奈美の研ぎ澄まされた美しさに惹かれました~♪個人的には捜査一課の三人衆の出番が少ないのがヤダったかな。

そしてそして、映画が終わっての舞台挨拶。出てくるまでのあの空気。期待感で充満してました。
右京さんは言葉数が少ないんだけど独特の‘間’と静かなジョークにやられました。神戸くんはサービス精神旺盛なのと喋りが上手いですね。もちろんカッコいいんだけどかわいくもありました。これぞ王子的かわいさですねー♪後、靴がいいですね。先が尖がってて魔女みたいの。

ほんの少しだったけど舞台挨拶、楽しかったデス。今でもちょっと夢みたいー

| | コメント (0)

最近ドラマ見てる。

今はチーム・バチスタ2の再放送。
で、先日まで見てたのが「失踪人捜査課」。なんとCASE9で終わってしまった!!
9話目で最終回なんて残酷だぁ!と、わめいていた。
すっごく近未来的で斬新でカッコよかったのにぃ。
オープニングなんてどれだけ感心したことか。
そしてエグくない映像も好み。
小日向文世の演技も何とも言えなかった。
相手と会話する時の間とか場数を思わせるしたたかさとか。
あ、もちろん沢村一樹もカッコよかったけど。なんせセクスィ部長だからね(笑)

終わってしまってあまりに残念だったんで、原作があることを知って本を買った。

| | コメント (0)

マイケルは音楽で出来ている
・・・「THIS IS IT」

映画館に行けなかったのでDVDの1枚組を購入しました。メーキング映像なので曲はあまり期待せずにいたのですが、小刻みですが色々な曲がつながっていて満足できました。しかしマイケルがあんなに多岐に渡って関与しているなんて驚きです。しかも指示が細かい。素人には意味がわからない注意をしてたんですが(笑)、そこがまた芸術的でカッコイイ。


本編も見応えありましたが、特典映像もなかなかでした。特に「想い出」の部分はちょっと感動です。マイケル信者ばかりだったかも知れませんが、彼が天才であったことは違いないと思います。


リハーサル中に何度も見た自然に出るリズミカルな動きや歌声。歌が好きと言うよりはあの人の体は音楽で出来ているんじゃないかと思わせるほどでした。亡くなった時に小さいころから苦労して(←勝手な想像で)、大人になってからはトラブルも抱えて不幸だったんじゃないかと気の毒に思っていたのですが、やっぱりこの人は歌手であることが幸せだったんだと安心しました。


なんやかんや言っても相当カッコイイ。時々我を忘れて見入っていました。

| | コメント (0)

ルビコンの決断「ソニー ウォークマンの逆襲」

なるほど、こういう事だったのか―

あまり疑問視はしていなかったものの、気にはなっていたことが解明されました。

店に来るお客さんが
「子供はipodがイイっていうんですけど、ウォークマンの方が安いからそっちにしてほしい」
「やっぱりipod!」
と、ipod人気がずっと高かったこと。


そんなにipodがいいのかなぁ。確かに出来ることは多いと思うけど。ウォークマンの何がそんなに劣っているんだろう・・・。


番組を観てよく解りました。答えは出発点にある。appleはパソコンの会社でソニーは音響の会社だってことです。進化すればするほどそれぞれの特徴は大きく現れ、そしてそのゴールは違う。色々なアプリケーションを求めるならipodだし、音を望むならウォークマン。劣っているとかそういう話ではなかった。とはいえ同じジャンルにある限り比較されてしまうのはやむを得ないけど。


デザインやソフトの使いやすさ、パーツの互換性など買うにあたっての判断材料は他にもあるけど、やはりこだわるべきは本体の性能でしょう。


ソニーの努力には希望を持ったし感動しました。でもきっとappleも恐ろしいジョブズの下で半端ない努力をしてきたと思う。それを想像した時、商品っていう物は努力の塊なんだと改めて気付きました。そして自分の店の商品達がちょっと誇らしく思え、ちゃんと見栄え良く展示してあげようと思ってしまいました。


数日前から自分のウォークマンが壊れてしまってipodかウォークマンか買い替えに悩んでいた私。結局「音」の方を選びました。確かにあの奥行き感は初めて使った時に驚かされましたしね。


でもねー帰ってPCにつないでみたら本体が認識しないんですよね、あちゃー(汗)

| | コメント (2)